BLACKCIRCLE::GRAFFITI

blackcircleの落書きです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヅィヅュドゥ

 第三勢力地上用TUの検討3の続きです。
 検討中のテキストで考えを述べたので、完成形について付記できることは殆ど無い。
 強いて絵に関して言えば、背面をデザインするにあたって腰モジュールを省略したことくらいだろう。メニーアムコンセプトからは外れるが、背面がつまらなくなるので無くした。メニーアムコンセプトは別作品に持ち越しだ。


 腰モジュール付き


ヅィヅュドゥ(zhi-zhu-du)は、ベネーノデ・アラニャとの開発競争に敗れ、
数奇な運命の末に地球府所有となったTU。
 レンガデラ・マリポーサ後継機の地位を巡って真静の二つの開発局が骨肉
の争いを演じた。
 ベネーノデ・アラニャ側は謀略を巡らし、ヅィヅュドゥ開発責任者の
名誉を傷つけることに成功した。
 その結果ベネーノデ・アラニャが採用されたばかりでなく、ヅィヅュドゥ
開発責任者が咎人にまで貶められる事態にまで至った。
 終にヅィヅュドゥ開発責任者は真静を見限り、ヅィヅュドゥを持参して
議会軍に亡命する。もともと開発責任者は地球文化にある種の憧憬を持って
いたため、亡命への躊躇はなかったという。
 しかし当時真静と事を荒立てたくなかった議会軍は思わぬ珍客に戸惑い、
亡命者の処遇を巡って混乱する。亡命を受け入れて真静と険悪になるわけ
にもいかず、かといって亡命者を引き渡せば連合議会の面目が潰れる。
 そこで真静と水面下で厳しい交渉を行い、身柄を地球府に預けるという
アクロバティックな解決策をもって一応の合意を得ることができた。
 最終的にはヅィヅュドゥを真静からの友好の印として地球府に贈呈、
開発責任者を整備員として無期限貸与とすることに落ち着いたのだった。

 TU世界感的にはあまり評判は良くなかったため、"ベネーノデ・アラニャ"なる新デザインを発想するきっかけとなってもいる。…ということで第三勢力地上用TUの検討はまだ続くのである。
スポンサーサイト
  1. 2010/07/31(土) 00:14:35|
  2. TU
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ホバー戦艦 | ホーム | グライアイ級>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makekosi.blog130.fc2.com/tb.php/20-0693d6c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

blackcircle

Author:blackcircle

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
TU (29)
ラフ (12)
メカ (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。